叶えたい夢のある人は今すぐクリック!

2007年12月17日

自分の当たり前のすごさに気づく方法

前に、「あなたが当たり前と思っていることは、実はすごいかもしれない
ということを書きました。

そして、それを読んで思ったかもしれません。


「けど、自分の何がすごいかなんて、わからないよ」


そう、自分では当たり前と思ってるわけだし、多くの場合
あなたがそういう環境にいるので、すごさになかなか気づけないんです。

私も、周りにすごいスキルを持った人だらけなので、
自分のコーチングスキルがどの程度なのか、結構測りかねることがあります。


では、どうすれば「当たり前」が「すごい」と知ることができるのか?


答えはとっても簡単で、それこそ当たり前のこと。
けど、日常の中で見失ってしまっていることです。


それは、「普段と違う人の中に行ってみる」こと。

ね、当たり前でしょう?
あなたが今いる環境で、あなたの周りの人の中では当たり前のことでも、
違う環境、違う人から見れば、ものすごい強みになるかもしれない。

それは、あなたにとって当たり前の環境にいたら気づけません。


極端な話ですが、私たちは日本にいたら日本語が話せるのは当たり前。
別段すごいことでもなんでもないですよね。

けど、ひとたびドイツあたりに行ったら、日本語を話せる人はほとんどいません。
日本語を話せることが、ものすごい「特殊な技術」になるわけです。

つまり、文化や社会、スキルなどの「常識」が違うところに行くと、
別のところの「常識」が「常識」でなくなってしまうことが多いんです。


だから、まずは今と違う環境に行って、そこの人と触れること。
これだけで、新しい自分を見つけることができるんですよ。
posted by コーチ 中城 at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の強みは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。