叶えたい夢のある人は今すぐクリック!

2007年11月17日

あなたの当たり前は、実は・・・

以前、私が情報システム会社に勤めていたころのことです。

実は私、あまり知られていないプログラム言語を使ってたんですね。
C言語とかJAVAとか、使えなくても聞いたことがある人もいるでしょうが、
私は一般にはあまり知られていない、SASという言語で統計解析をしてたんです。


これが、とてもコンプレックスで。

同期のやつらは、データベースやオープンソース、webといった
花形でメジャーな技術を学んでいたのに対して、
私は地味な臨床試験や統計解析、SAS。

同業者ですら知らないし、他に応用も利かない、マニアックな言語。
みんなが英語をマスターする横で、エスペラント語を学んでいる感覚です。

なんてマイナーな、つぶしの利かない技術を覚えてるんだろう、
って、思いっきり悩んでいたことがあります。


そんなこともあって、私は「プログラムが書けない」人だったんです。


で。
そんな将来に不安を感じて、いろんなところに顔を出すようになったら、


次項有世の中には、まずパソコンを使えない人がいる。

次項有ホームページが作れると、すごいと言われる。

次項有メールマガジンを出してる人は、超人扱いされる。

次項有それどころか、簡単なプログラムが書けるなんていうと、神(笑)


いやいや、どれも学生時代に、遊びでやってましたがな(汗)

そう。実は私の持ってる技術は、世間では高いレベルだったらしいんです。
簡単なプログラムが書けるというだけでも、十分仕事になるくらい。


私のいた環境では、私の書くプログラムは最低限のレベルだった。
周りがプログラマーだらけだったから、
プログラムは書けて当たり前、パソコンなんて使えて当たり前だったんです。


別に、ここで自慢話をしたいわけじゃなくて。
多くの人は、このときの私と同じような状態で、
自分の強みがわからなくなってるんじゃないかと思うんです。

私にとってのプログラミングがそうだったように、
あなたにとっても「当たり前」にやってるすごいことがあるはずです。

あなたにとって当たり前でも、私から見たらすごいかもしれない。
まずは、そういう「当たり前」を探してみてほしいんです。
そして、それを誰かに話してみてください。


今持っている、「当たり前」の宝に気づかずに
自分以外の人が持っている「すごそうに見えるもの」を求めてしまうことこそ、
「宝の持ち腐れ」ってやつですよ。
posted by コーチ 中城 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の強みは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。